高位脛骨骨切り術

~患者さんとご家族の方へ~


変形性膝関節症は中高年の女性を中心に日本国内だけで約2500万人がかかっているといわれており、高齢化社会の進展に伴ってさらに増加すると見込まれています。保存療法で改善しない 場合には、手術療法が有効な場合があります。


この冊子は、その手術が必要となった方、特に高位脛骨骨切り術
(HTO手術:High Tibial Osteotomy 略してHTO)を受けられ
る方へ手術の理解を深めて頂くと共に、他の手術との比較など参
考にして頂きたく作成致しました。
皆様の疑問や不安が無くなると共に、手術後、早期に仕事や運動
や趣味に復帰されるよう切に願っております。

 高位脛骨骨切り術では、すねの骨(脛骨)を切り、傾斜を変化させ、太ももの骨とすねの骨の軸を変える事で、膝関節の傷んでいる部分への負担の軽減を目指します。

高位脛骨骨切り術の対象は…
 絶対条件として、膝関節の外側が壊れていない方が適応です。その他の条件としては、重労働の方、仕事で立ちしゃがみの多い方、人工関節を受けるには年齢が若い方となります。

利点は…
 手術創が小さい、関節が温存される、手術後の日常生活制限が比較的少なく、スポーツも可能、正座が可能となる例が多い。

欠点は…
 完全な除痛ができない事、骨のつき(骨癒合)に時間がかかる事、美容上の問題がある。