スポーツ関節鏡

ご案内

理念

私たちは関節鏡(関節の内視鏡)を用いて最小侵襲で、早期診断、早期治療、早期リハビリを行っています。

概要

若松スポーツ整形外科公認ロゴ

 我々整形外科は、筋骨格系の運動器の疾患や外傷の診療、研究、教育を担当しています。働く労働者の皆様、そして、スポーツ活動に従事する学生さんやアスリートの方たちの、運動器の健康を向上維持させるには、最新の3テスラMRやCTを装備した当院で、早期診断を行います。

 保存療法で改善しない場合には、関節鏡という関節の内視鏡を用いる最小侵襲による早期治療、早期リハビリは非常に有用です。
 私たちは誠心誠意診療いたします。患者さんの立場にたって治療を一緒に考えることが、患者さんと我々医療従事者との信頼関係を成立させ、治療がうまくいくために必要と思っています。その根幹は、「自分や家族が受けたい治療であるか否かにある」と考えています。

そのためには、常に患者さんをリスペクトし、世界でもっとも良いと思われる治療を行うつもりで、日夜勉学に励み、手術技術を向上させるように心がけています。

 医療は建物や器械ではなく、結局は『』です。私たちは、患者さん個々人に合わせてより良い治療を提供するために日々研鑚しています

特色

 我々整形外科・スポーツ関節鏡班は、とくに関節鏡(関節の内視鏡)を用いて最小侵襲で、早期診断、早期治療、早期リハビリを行っています。なかでも股関節鏡は、アジアで最も多い症例数を誇っています。また患者さんの治療から得られた新しい知見を国内外に発表し、海外の学会からもその功績を認められています。

 それぞれの関節の障害、運動に対して下記の手術を主に行っています。

  1. 膝関節:関節鏡視下前十字靱帯再建術、後十字靭帯再建術、半月板縫合術、半月板切除術、内側膝蓋大腿靭帯再建術、軟骨欠損に対して自家骨軟骨移植術さらに自家培養軟骨細胞移植による最先端の治療を行って居ます。

  2. 肩関節:肩関節脱臼に対する関節鏡視下バンカート修復術、バンカートブリスト術、腱板修復術、広範囲腱板断裂に対する鏡視下上方関節包再建術

  3. 肘関節:変形性肘関節症に対する肘関節鏡視下デブリードメント、離断性骨軟骨炎に対する鏡視下骨軟骨固定術、自家骨軟骨移植術

  4. 足関節:外側靭帯不安定症に対して鏡視下Brostrom Gould法、靭帯再建術、腓骨筋腱脱臼に対して修復術・制動術、距骨骨軟骨障害に対して自家骨軟骨移植術

  5. 股関節:股関節インピンジメントに対する鏡視下骨軟骨矯正術、関節唇修復術、鏡視下関節唇再建術、股関節滑膜性骨軟骨腫症に対して鏡視下摘出術、滑膜切除、寛骨臼形成不全(臼蓋形成不全)に対して世界で初めて鏡視下棚形成術 

特記事項   Important Things

国際関節鏡スポーツ整形外科学会認定 ISAKOS approved Teaching Center

  2015年10月より国際膝関節鏡スポーツ整形外科学会の我が国2番目にTeaching Centerに承認されました。

     http://www.isakos.com/Teaching/#JAPAN 

 新潟大学、神戸大学、東北大学、高知大学、横浜市立大学から研修に来られており、定期的に外国からもフェローが訪れ、一緒に、診療、研究を行っています。

 Go to ISAKOS

トップアスリートからスポーツ愛好家・学生さんまで

チームドクターを派遣

 Jリーグ(大分トリニータ、ギラヴァンツ北九州)やラグビートップリーグ、)バスケットボールBJリーグなどのプロスポーツチームから社会人野球や大学、高校生のチームに、チームドクターを派遣しており,スポーツ現場でトレーナーと連携をとりながら、安心してスポーツを楽しめる環境づくりをしています

超音波ガイド下神経ブロックによる治療を導入しています。 


従来方式の触診 身体所見による診断と  レントゲン写真とMRなど画像所見も大切ですが、
それ以外に、
超音波による画像診断に基づいた神経ブロック治療という最先端の技術を導入しています。
今まで発見できなかった痛みの原因を突き止め、
より質の高い治療法を患者さんに提供することができるようになりました。 

その方法により、今まで解決できなかった患者さんの痛みを改善できることができるようになりました。 

関節鏡の術後の膝の痛みや 股関節の痛み  臀部の痛みなど
今まで原因がわからなかった 症状に対して 丁寧に問診と診察をして、

超音波ガイド下神経ブロックは、次の大きなメリットがあります。
1. レントゲン被爆がない(安全である)
2. 血管や筋肉といった軟部組織を直接観察しながら穿刺できる(正確な治療が可能)

特に最近では、

生理食塩水を用いた ハイドロリリースを 超音波ガイド下に行うことによって  副作用がほとんどなく疼痛の原因を確認し、 疼痛を緩和させることができます。

鼡径部痛の原因は股関節痛が主体であるという概念がありますが、

手術をした後も痛みが取れない  太ももがあげにくい 太ももの力が入りにくいなどの
症状がある場合は  大腿神経という神経が絞扼
周りから圧迫されて神経の通り道が細くなっている場合があります。

FA 大腿動脈のすぐ外側にある FN 大腿神経を 超音波でみながら、針を刺して 周りの腸骨筋や鼠径靭帯と癒着している 生理食塩水を注入して、神経の絞扼部分を解除させる 方法が画期的です。

従来の局所麻酔薬を注入すると 麻酔薬による麻痺が生じて 神経絞扼部分が解除したかどうかわかりません。生理食塩水は 絞扼していた部分に水分を補充することにより 劇的に筋力が回復することがわかります。

痛みや痺れも改善されることが多いです。

以上の方法により、
臀部の奥の方にある神経も回復させることができます。

整形外科医でありながら 当院の麻酔科医と密に連携を取りながら、ペインマネージメントをしています、
困った方はぜひお問い合わせください。