肩関節脱臼

肩関節脱臼とは  What is shoulder dislocation

肩関節は、人間の体の中でもっとも動く関節です。多方向に動くことができます。それゆえに容易に脱臼することも事実です。前方に脱臼すると肩関節前方の支持組織である肩関節唇および靭帯(前下関節上腕靭帯-関節唇複合体)が肩甲骨関節面(関節窩)から剥離され、関節が再脱臼しやすくなっている状態になります。

The shoulder joint is the body's most mobile joint. It can turn in many directions. But, this advantage also makes the shoulder an easy joint to dislocate.

Shoulder instability

A partial dislocation (subluxation) means the head of the upper arm bone (humerus) is partially out of the socket (glenoid). A complete dislocation means it is all the way out of the socket. Both partial and complete dislocation cause pain and unsteadiness in the shoulder

症状 Symptoms

症状は、関節の疼痛、腫脹、しびれ感、脱力感、 腋窩への出血などがあります。

肩関節脱臼は、しばしば関節唇、靭帯、腱などが損傷し、時々神経も損傷されます。/

肩関節が脱臼する方向は、前方、後方 または 下方へと脱臼する可能性があります。

一般的なのは 前方脱臼で 90%が前方と言われています.

​上肢を前方から外側に動かされたら 脱臼します。 投球動作のような姿勢でも脱臼するかもしれません。

Symptoms to look for include:

  Pain

  • Swelling

  • Numbness

  • Weakness

  • Bruising

Shoulder dislocation may often times tear labrum as well as ligaments or tendons in the shoulder or sometimes damage nerves.

The shoulder joint can dislocate forward, backward, or downward. A common type of shoulder dislocation is when the shoulder slips forward (anterior instability  90%)). This means the upper arm bone moved forward and down out of its joint. It may happen when the arm is put in a throwing position

診断 Diagnosis

スポーツ現場では、肩関節が脱臼すると 筋肉がスパスムを起こし、疼痛が増強します。ドクターは肩関節を診察し、前方脱臼の場合は、骨頭を脇に触れることができます。 レントゲン写真をとり 脱臼がどのように起こったのかをかくにんする必要があります。

骨折を伴っていることもあるので、整復を試みてなかなか整復できない場合は、必ず病院で検査をしてもらいましょう。

The muscles may have spasms from the disruption, and this can make it hurt more. When the shoulder dislocates time and again, there is shoulder instability.

The doctor will examine the shoulder  and feel femora head in the and may order an X-ray. It is important that the doctor know how the dislocation happened and whether the shoulder had ever been dislocated before.

 Since shoulder dislocation is sometimes associated with fracture,  you may send patients to hospital to carefully evaluate intra-articular pathologies in the hospital.