​後十字靭帯断裂 PCL injury

後十字靭帯(PCL)は、膝の内側、前十字靭帯(ACL)のすぐ後ろに位置しています。大腿骨(太ももの骨)と脛骨(すねの骨)をつなぐいくつかの靭帯のうちの1つです。後十字靭帯は、脛骨が大腿骨に対して後方に移動しないようにするものです。

後十字靭帯の損傷には、強力な力が必要です。よくあるのは、交通事故で曲がった膝がダッシュボードにぶつかったり、サッカー選手が曲がった膝の上に倒れたりすることです。さらに、PCLの損傷は、スポーツ中の激しい捻りによる損傷や接触による損傷でも起こります

スライド1_edited.jpg

PCLの解剖

膝関節は、大腿骨と脛骨という2つの骨が合わさってできています。膝頭は関節の前にあり、関節を保護する役目をしています。

骨と骨は、靭帯でつながっています。膝には4つの主要な靭帯があります。

これらの靭帯は、骨と骨をつなぎ、膝を安定させるための強いロープのような役割を果たします。

側副靱帯(そくふくじんたい)。これらは、膝の側面にあります。内側には内側側副靭帯があり、外側には外側側副靭帯があります。膝の左右の動きを制御し、異常な動きに対して膝を支えます。

十字靱帯(じゅうじじんたい)。膝関節の内側にある靭帯です。前十字靭帯が前、後十字靭帯が後となり、X(クロス)字に交差しています。十字靭帯は、膝の前後の動きを制御しています。

後十字靭帯は、脛骨が後方に移動しすぎないようにするための靭帯です。前十字靭帯よりも強く、損傷する頻度もはるかに少ない。後十字靭帯には2つの部分があり、それらが混ざり合って、人の小指ほどの大きさの1つの構造になっています。

後十字靭帯の損傷は、他の膝靭帯損傷ほど一般的ではありません。実際、他の膝の靭帯損傷と比べると、微妙で評価しにくいことが多いのです。

後十字靭帯損傷は、軟骨、他の靭帯、骨などの膝の他の構造物の損傷と一緒に起こることが多いです。
後十字靭帯の断裂の多くは、自然治癒の可能性を秘めた部分断裂です。後十字靭帯だけを損傷した人は、膝の安定性に問題を感じることなくスポーツに復帰できる可能性があります。

原因 Cause

後十字靭帯の損傷は、様々な形で起こります。通常、強い外力が加わることで起こります。

膝の前面への直接打撃(交通事故で曲げた膝がダッシュボードにぶつかったり、スポーツで曲げた膝の上に転倒した場合など)。
靭帯を引っ張ったり伸ばしたりする(ひねりや過伸展の損傷など)。
PCL損傷は、単純な踏み間違えで起こることはほとんどありません。

症状 Symptoms

後十字靭帯損傷の典型的な症状は以下の通りです。

  • 受傷後すぐに起こる腫脹を伴う疼痛

  • 腫れにより膝が硬くなり、足を引きずることがあります。

  • 歩行困難

  • 膝が抜けるような不安定感   Giving way

  • 立膝をつくと痛みや不安感があります。

​ドクターの診察

問診
初診では、医師が症状や病歴をお伺いします。

身体検査
身体検査では、負傷した膝のすべての構造をチェックし、負傷していない膝と比較します。膝を曲げた時、後ろに垂れているように見えるかもしれません。特に90度以上に曲げた時に、後方にずれ過ぎている可能性があります。

画像検査
医師が診断を確定するためのその他の検査として、X線検査や磁気共鳴画像(MRI)スキャンがあります。ただし、これらの画像は、特に検査の3ヶ月以上前に負傷した場合は、正常に表示される可能性があります。

X線検査

X線検査では、後十字靭帯の損傷は確認できませんが、靭帯が損傷した際に骨の一部を引き剥がしたかどうかを確認することができます。これは剥離骨折と呼ばれます。

医師は、脛の骨がどの程度まで戻ることができるかを評価するために、ストレスビューを指示することもあります。

磁気共鳴画像(MRI)

MRIは、X線よりも軟部組織(後十字靭帯など)の画像が鮮明に映し出されます。

スライド4.jpeg
スライド5.jpeg

Treatment 治療法

非手術的治療
後十字靭帯だけを損傷した場合は、手術をしなくても十分に回復する可能性があります。医師から手術以外の治療法を勧められることもあります。

PRICE(ライス)。怪我をした当初は、PRICE法(保護、安静、氷、緩やかな圧迫、挙上)は、回復を早めるのに役立ちます。

固定。あなたのドクターは、脛骨が後方にたるむのを防ぐために特別なブレースをお勧めします(あなたが横たわっているとき、重力は骨を後方に引っ張る傾向があります)。さらに膝を保護するために、足に体重をかけないように松葉杖をつくこともあります。

理学療法。腫れが引くと、入念なリハビリテーション・プログラムを開始します。特定の運動によって膝の機能を回復させ、膝を支える足の筋肉を強化します。太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)を強化することが、回復を成功させる重要な要素であることが分かっています。

外科的治療
複合的なケガをした場合、医師から手術を勧められることがあります。例えば、膝を脱臼し、後十字靭帯を含む複数の靭帯が断裂している場合、ほとんどの場合、手術が必要となります。さらに、孤立性PCL断裂の患者は、持続的な不安定性や非手術的治療で改善しない痛みがある場合、再建術が有効である場合があります。

靭帯の再建 靭帯の端を縫い合わせても通常は治らないため、断裂した後十字靭帯は通常、再建術を行います。

医師は、断裂した靭帯を組織移植で置き換えます。この移植腱は、ほとんどの場合、あなたの体の別の部分から採取されます。移植腱が骨に癒えるまで、数ヶ月かかることもあります。

後十字靭帯を再建する手術は、通常、小さな切開創を使って関節鏡で行われます。関節鏡手術は、従来の開腹手術よりも侵襲性が低い。低侵襲手術の利点は、手術による痛みが少なく、回復が早いことです。

後十字靭帯を修復する手術法は改良され続けている。より高度な技術により、患者さんはリハビリテーション後に幅広い活動を再開することができます。

リハビリテーション
手術の有無にかかわらず、リハビリテーションは日常生活に戻るために重要な役割を果たします。理学療法プログラムは、膝の強さと動きを取り戻すのに役立ちます。手術を受けた場合は、手術から翌日からリハビリテーションを開始します。

後十字靭帯損傷からの回復にかかる時間は、損傷の度合いによって異なります。複合的な損傷は回復が遅いことが多いですが、ほとんどの患者さんは時間の経過とともに良好な状態になります。

手術が必要な場合は、デスクワークに戻るまで数週間、運動量が多い場合は数ヶ月かかることもあります。完全に回復するには、通常6~12ヶ月かかります。

リハビリは時間がかかるものですが、治療に専念することが、最終的にすべての活動を楽しめるようになるための最も重要な要素なのです。